読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倹約投資家のススメ

投資をして自由に働こう。

賃貸用不動産を購入するペースについて、思わぬ落とし穴

不動産投資 不動産投資の魅力 不動産投資のリスク

さて、あいかわらず山あり谷ありの日々です。

不動産投資の最大のメリットは、レバレッジを効かせることができるということはみなさんご存知のことかと思います。

流動性は株のほうがあるし、売買時にかかる税金も高いしということで、レバレッジ=金融機関からお金を引っ張れることが最大のメリットです。

本題です。

何が落とし穴なんだ

一言でいうと過信です。

今回のケースでいうと融資が通ると思い込んでいるという意味です。

相談を受けない日はないだろうというくらい不動産投資のことについては相談を受けます。不動産会社(宅地建物取引業者)として、仲介もさせて頂いていますし、自社・個人でもやっていますから、融資のことも知識・経験はあります。

それゆえに、財務内容は気をつけているので、同規模の会社と比較されるとそれなりの評価を受けています。

ということで感覚的にも「この金融機関Aでは4、5億はいけるだろう」とかあるわけです。*1

立て続けに再生系ボロ物件の買取依頼が入ってきたので、金融機関Aに1千万円程度の物件を融資してもらいまして、その1週間後くらいに、再度同規模程度の案件を持ち込んだところ結果NGでした。

NGの理由は「購入するペース」とのこと。

・・・数秒固まりましたよ〜・・・。

その数倍のキャッシュがあるのにです。

金融機関によってはそう回答するところもあるかもしれませんが、私の経験上これは私がよく思われていないんじゃないかと・・・!(もしくは会社の窓口の担当)

担当や支店長が変わると歯車が狂うのはよくある話ですが、契約後ギリギリで購入できない場合は現金で購入できなければ違約金を払わないといけなくなるので注意が必要です。

融資審査の可決が否決になって現金決済したこともありますが、不動産の中では小さい金額でこんな思いするのは悲しい限りです。

こういう時に思いますね。

「金融機関の力なしでも取引できる資金力欲しいなぁ〜」と・・・。

不動産に限らず、やりたいことが思い切りやれないのは辛いものです。

当社のクライアントには本記事のようなリスクが見える契約は未然に止めていますので悪しからず。


投資をして自由に働こう

私は福岡を中心に不動産投資コンサルティング、不動産賃貸管理の会社を経営しています。

当社のクライアントで不動産投資をおこなって脱サラし、自由に生きている方はたくさんいますし、不動産投資を安定収入にしながら別事業で起業した方も多数います。

もともと自営業者・経営者のかたもいます。

当社は起業してまだ数年にもかかわらず管理戸数は1000戸以上の実績があり、築古物件が多い中でも入居率は90%を下回ったことがありません。

相談は無料ですので、ご希望の方は下記よりお問合せください。

お問い合わせ


*1:金額などはあくまでも例です。多少ぼかしてます。